就職や転職で強力な武器になる「CAD」関連の資格

cad

就職や転職で強力な武器になる「CAD」関連の資格

CAD(キャド)というソフトウェアをご存知ですか?現在、建築業界を筆頭にCADが使える人材が必要とされています。設計を3Dで行うソフトなので、なじみがない人には非常に難しい印象のあるCADですが、基礎から1つずつ学んでいく事で、使いこなせるようになるようです。専門性が高く、他の人より一歩前に出た資格を探している人には特にオススメです。

CADの能力を証明できる有力な資格はこちら

    • CADデザインマスター

世界標準CAD、AUTOCAD、JWCADを一定水準以上で使いこなす技量がある人に与えられる資格です。クライアントの希望する図を正確に作り上げる能力を習得できます。CADが必要な業界を目指す場合や、スクールを開き講師活動を行う場合に最適な資格といえます。CAD資格のCADデザインマスター

    • 建築CADインストラクター

CADを使い、建築設計、建築施工図を作成する技術を有す者に与えられる資格です。CADを使う職種はもちろん、インストラクターとしての道も開けます。

CADデザインマスター・建築CADインストラクターになるには?

この2つの資格は、根本的な学べる範囲に大きな差は無いものの、管轄する協会が異なるので、どちらがより自分に合っていそうかを比較して検討してみるのも良いかもしれません。建築CAD資格の建築CADインストラクター

    • CADデザインマスターになりたい人

・受験料:10,000円(税込)
・受験資格:特に無し
・合格ライン:正答率70%以上
・受験申し込み:日本デザインプランナー協会のホームページから申し込み
※在宅受験になります。受験日の日程や手順も上記のホームページに載っているので、ご確認下さい。

    • 建築CADインストラクターになりたい人

日本インストラクター協会主催の試験に合格する必要があります。
・受験料:10,000円(税込)
・受験資格:特に無し
・合格ライン:正答率70%以上
・受験申し込み:日本インストラクター協会ホームページから申し込み
※在宅受験になります。受験日の日程や手順も上記のホームページに載っているので、ご確認下さい。

「通信講座」で1度に二つの資格を取得でき、同時に仕事を請ける機会が貰える!

認定試験で合格する以外にも、通信講座を受講して資格を取得する方法があります。この通信講座「実践建築CAD建築技術者コース」は、口コミ評判ランキングで1位になった事がある、人気の資格取得系の通信教育の1つになります。AUTOCAD、JWCADwinという、CADの中でもメインとなる2タイプのCADから、自分に合ったコースを選択する事が可能です。また、他のCADの通信講座は、CADの基本操作のみで終了するコースも多く、仕事として実践で活かせるレベルにまで磨き上げられない場合が多いと聞きますが、この通信講座では、実践で活かせるレベルに知識を高める事ができます。また、講座終了後に㈱諒設計の外注協力者として登録でき、自宅で仕事を請ける事が可能になります。

通信教育ランキング

人気通信講座の記事

  1. 日本茶
    お茶の習慣は世界中に存在します。 お茶を楽しむということは生活にある程度の余裕がないと出来ない…
  2. 幼児食
    生まれたばかりの子供は当然、普通の食事を食べることが出来ません。お母さんの母乳を飲ませるか赤ちゃん用…
  3. 食育
    国家資格の1つに【栄養士】の資格があります。 日本には【栄養士法】という法律が定められており、…
  4. ビーズアクセサリー
    ハマるとクセになる細かい作業、ついつい時間を忘れて手作りに勤しむ方も少なくないのではないでしょうか。…
  5. カラーセラピー
    皆さんは数ある色の中で何色がお好きですか?!私たちは常に色から沢山の情報を得て生活しています。色の持…
  6. 建築模型住宅模型
    手先が器用だったり細かい作業が大好きな人、そんな特技や楽しみを仕事に繋がる資格の取得に変えてみません…
  7. 空間
    私たちが何気なく足を運ぶ公共・商業施設には、時に目を奪われたり心がワクワクしたり、と空間が醸し出す雰…
  8. インテリアデザイナー
    オシャレで素敵な空間をこよなく愛する人は、特にインテリアに関してとても敏感です。家の内装や家具を物色…
  9. レジンアクセサリー
    透明な樹脂のなかに好きなアクセサリーや小物などを入れて自分のオリジナルのアクセサリが作れるとして女性…
  10. デッサン
    あらゆるアートの原点、それがデッサンです。どんな前衛的なアーティストであっても美術の基礎とも言えるデ…
ページ上部へ戻る