ソムリエインストラクター認定試験の気になる情報と口コミ・評判についてまとめてみました!

wine3

ソムリエインストラクター認定試験って一体どんなものなの?

ソムリエインストラクター認定試験は、さまざまなスキルや技術を教える能力を持っている人に対しての認定を行っている日本インストラクター協会(JIA)が開催している認定試験のことをいいます。

ソムリエインストラクターとは、ワインに関しての知識をマスターしており、お客様の好みや料理の相性に合ったワインを提供できるプロで、それらの知識・技術を人々に教えることのできる人のことを指します。そんなソムリエインストラクターは、ワイン・料理講座やセミナーなどで講師として活動したり、個人的に教室を開いたり開業をして指導依頼を受けたりと、ビジネスでも幅広い活躍が期待される資格であるといえるでしょう。

ソムリエインストラクター認定試験についての情報と口コミ&評判!

ソムリエインストラクター認定試験の資格がどういうものなのか、大まかなイメージがつかめてきたかと思います。さてここからは、ソムリエインストラクター認定試験の詳細や、合格基準とおすすめの資格講座などを、口コミや評判も交えてご紹介していきたいと思います。ソムリエインストラクターに興味を持っている人や、ソムリエインストラクター認定試験の受験を考えている人は、特に必見ですよ!
ソムリエ資格のソムリエインストラクター
・ソムリエインストラクター認定試験の詳細
ソムリエインストラクター認定試験は、男女ともに人気の資格のようです。ソムリエに関するスキルを身につけたいと考えている人や、ソムリエインストラクターとしての独立・起業を考えている方、また現在飲食・仕入れ関連のお仕事に就いており、より一層のスキルアップを目指したいという方が受験を考えているようです。そんなソムリエインストラクター認定試験ですが、受験資格は特に定められていないので、誰でも気軽に受験をすることができます。また、試験の形も在宅受験というスタイルを採用しているので、お仕事帰りや家事・育児の合間などの、自分の都合の良い時間で試験を受けられるというのもひとつの魅力となっています。ちなみに受験の申し込みはインターネットから行うことができ、受験料は税込み10000円となっています。

・ソムリエインストラクター認定試験の合格基準とおすすめの資格講座
ソムリエインストラクター認定試験の合格基準は、「70%以上の評価」となっています。試験の内容としては、ワインの品種や産地・製造における特徴や、相手に合わせたワイン選びのための知識が求められるようです。とはいっても、奥深いワインの世界をすべて知るというのはなかなかに難しいもの。できれば、試験に出るポイントや流れをつかんだ効率の良い勉強をしたいものですよね。そこでおすすめしたいのが資格講座で勉強するという方法。女性専用の資格取得講座であるSARAスクールの「ソムリエコース」では、マリアージュ(ワインと料理の相性)や、ワインの歴史・基本的知識などを詳しく学べるカリキュラムが組まれています。
https://www.designlearn.co.jp/wine/
ワイン  ワイン

関連記事

通信教育ランキング

人気通信講座の記事

  1. 日本茶
    現在の日本人の食文化は非常に多様になっており、和食以外でも日常的に洋食や中華料理を食べます。…
  2. 日本茶
    お茶の習慣は世界中に存在します。お茶を楽しむということは生活にある程度の余裕がないと出来ない…
  3. 幼児食
    生まれたばかりの子供は当然、普通の食事を食べることが出来ません。お母さんの母乳を飲ませるか赤ちゃん用…
  4. 食育
    国家資格の1つに【栄養士】の資格があります。日本には【栄養士法】という法律が定められており、…
  5. ビーズアクセサリー
    ハマるとクセになる細かい作業、ついつい時間を忘れて手作りに勤しむ方も少なくないのではないでしょうか。…
  6. カラーセラピー
    皆さんは数ある色の中で何色がお好きですか?!私たちは常に色から沢山の情報を得て生活しています。色の持…
  7. cad
    皆さんはCAD(キャド)という言葉を耳にしたことがありますか?!直訳するとコンピューター支援設計と言…
  8. 建築模型住宅模型
    手先が器用だったり細かい作業が大好きな人、そんな特技や楽しみを仕事に繋がる資格の取得に変えてみません…
  9. 空間
    私たちが何気なく足を運ぶ公共・商業施設には、時に目を奪われたり心がワクワクしたり、と空間が醸し出す雰…
  10. インテリアデザイナー
    オシャレで素敵な空間をこよなく愛する人は、特にインテリアに関してとても敏感です。家の内装や家具を物色…

通信講座ランキング

ページ上部へ戻る