ピラティス資格人気ランキング

ピラティス

世界中で人気のあるピラティスにも様々な資格があります。ピラティスは、ドイツで考案され、体の柔軟性を高めたり、筋力を強化したり、バランスを整えたりすることを目的としたエクササイズです。体幹の安定が目的となりますが、動きを鍛えることがピラティスの目的となります。

ピラティスは、世界中でおよそ60の団体がピラティスエクササイズの指導や指導者の養成が行われています。日本にも、ピラティスの指導者となるだけの経験と知識があることを示す資格があり、資格を取得するための勉強を通じて、効率的なピラティスエクササイズが行えるようになります。

以下では、ピラティス資格でも人気のある資格について、ランキング形式で紹介していきます。

1位: ピラティスセラピーアドバイザー

ピラティスセラピーアドバイザーは、日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催するピラティスの認定資格です。ピラティス資格の中でも、ピラティスに関する知識を体系的かつ網羅的に理解できることが魅力の資格となっています。ピラティスセラピーアドバイザーの資格を取得すれば、カルチャースクールや生涯学習センター、自宅などにおいてインストラクターとして活躍できることがメリットです。

また、睡眠・食事・姿勢など、ピラティスのエクササイズをしている以外の時間も、日常生活で意識すべきことを理解していることも資格を取得することで証明されます。様々な姿勢の問題やそうなってしまう原因について理解した上で、改善のための方法を学ぶなど、様々な知識を学ぶことができるのが、ピラティスセラピーアドバイザーの魅力です。

2位: ピラティスエクササイズインストラクター

ピラティスエクササイズインストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催するピラティス資格です。ピラティス全般に関する知識を有しており、ピラティスの基本原則を理解して、体の動かし方、呼吸法、心のコントロール方法などについて、体系的に理解していることを示す資格です。

ピラティスセラピーアドバイザーとは異なり、ピラティスエクササイズインストラクターは、筋肉のこわばりをとり、血流を良くして、疲労物質を除去するといったエクササイズに関する知識に関する資格です。そのため、ピラティスにおける効率的な身体の動かし方など、エクササイズに関するより専門的で深い知識について学ぶことができる資格です。

3位: ピラティスマットインストラクター

ピラティスマットインストラクターは、マットを使ったピラティスのエクササイズに関する知識を有していることを示す資格です。マットピラティスは、専用のマシンなどを必要としないので、資格を取得した後、マットさえ準備すればレンタルスタジオや自宅などですぐに教室を開講できます。ピラティスのエクササイズにおいて、動きの無駄を作らないフローワークに関する正しい知識をみにつけることができるのが魅力です。

ピラティスは、マットピラティスとマシンピラティスに大きく分類することができます。マットピラティスは、体幹を鍛えることを目的として開発されたピラティスで、負傷した兵士たちのために考案されたリハビリテーションとして開発されてきた経緯があるため、ベッドの上でも行えるものもあります。

そのための知識を効率的に学ぶことができるのが、ピラティスマットインストラクター資格のメリットです。

4位: ピラティスマシンインストラクター

ピラティスマシンインストラクターは、ピラティスのエクササイズを行うために考案されたマシン(機械)を活用したピラティスの指導を行えるようにする資格です。マシンピラティスを行う際には専用のマシンを使うことになるので、マシンの使い方や効率的なマシンエクササイズの方法を学ぶことが必要です。ピラティスマシンインストラクター資格は、そのための知識を学ぶことができる資格です。

マシンピラティスは、マシンを使ってピラティスを行うため、初心者・高齢者・怪我をした方など、比較的筋力が弱い方でも安心して行えるピラティスです。マットピラティスは、身体の柔軟性や筋力などが必要なエクササイズも多く、初心者では難しくてうまくできないエクササイズもあります。しかし、マシンを使えば、難しいピラティスの動きも補助してくれるので安心です。

5位: IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクター

国際ボディメンテナンス協会(IBMA)が認定するピラティスインストラクターの資格です。ピラティスの歴史などからきちんと勉強し、効率的なエクササイズ方法などについて体系的に学習することができる資格です。

IBMAによって体系化されたエクササイズについて学ぶことができる上に、さらにピラティスアドバンスインストラクター、ピラティスマスターインストラクターとより専門的で深い知識を身につけられることが魅力です。IBMA認定校でピラティスインストラクターを育てるための講師として活躍する道もあり、スタジオピラティスインストラクターとして活躍することもできるなど、ピラティスのインストラクターとして幅広く活躍できます。
ピラティス資格  ピラティス資格

関連記事

通信教育ランキング

人気通信講座の記事

  1. カリグラフィー
    カリグラフィーとは、もともと「美しい書き物」という意味をもつギリシャ語で、西洋書道と言われることもあ…
  2. 日本茶
    お茶の習慣は世界中に存在します。 お茶を楽しむということは生活にある程度の余裕がないと出来ない…
  3. 幼児食
    生まれたばかりの子供は当然、普通の食事を食べることが出来ません。お母さんの母乳を飲ませるか赤ちゃん用…
  4. 食育
    国家資格の1つに【栄養士】の資格があります。 日本には【栄養士法】という法律が定められており、…
  5. ビーズアクセサリー
    ハマるとクセになる細かい作業、ついつい時間を忘れて手作りに勤しむ方も少なくないのではないでしょうか。…
  6. カラーセラピー
    皆さんは数ある色の中で何色がお好きですか?!私たちは常に色から沢山の情報を得て生活しています。色の持…
  7. 建築模型住宅模型
    手先が器用だったり細かい作業が大好きな人、そんな特技や楽しみを仕事に繋がる資格の取得に変えてみません…
  8. 空間
    私たちが何気なく足を運ぶ公共・商業施設には、時に目を奪われたり心がワクワクしたり、と空間が醸し出す雰…
  9. インテリアデザイナー
    オシャレで素敵な空間をこよなく愛する人は、特にインテリアに関してとても敏感です。家の内装や家具を物色…
  10. レジンアクセサリー
    透明な樹脂のなかに好きなアクセサリーや小物などを入れて自分のオリジナルのアクセサリが作れるとして女性…

通信講座ランキング

ページ上部へ戻る