睡眠・快眠・安眠資格ランキング

睡眠快眠

ストレスの溜まりやすい現代、心身共に疲れ果てて自分自身の健康維持ですら難しいと悩んでいる人が増え続けています。巷に溢れる健康促進アイデアも大変魅力的ではありますが、健康的な毎日を送りたいと望む私たちに一番必要なことが“質の良い睡眠”です。ストレスを抱えた心身は睡眠障害をもたらし、“普通に眠る”ことすらもできなくなってしまうのです。ここではそんな近代病を助ける“睡眠のプロ”になれる資格をご紹介します。

1位 美快眠セラピスト

日本アロマメディカル心理セラピー協会が認定する美快眠セラピストは、現代社会で増え続ける睡眠障害を理解し、その人に合った治療や睡眠への導入をすることができる人に与えられる資格です。不眠症で苦しむ人たちの悩みに着目し睡眠に導く手助けをすることができる美快眠セラピストは、ストレス社会の中で需要が高まっていく注目すべき資格のひとつでしょう。

2位 安眠インストラクター

日本インストラクター協会が認定する安眠インストラクターは、睡眠に関する基礎知識や安眠の条件を学び、それを活かして良い眠りを広めていける講師を育成する資格です。すべての人の生活の大部分を占める睡眠は、正しい知識を持ってより良い眠りを指導することができる人材が必要です。これから増え続けるであろう不眠症についての知識を深め、より多くの人の役に立てる安眠のスペシャリストを目指しましょう。

3位 睡眠健康指導士

一般社団法人・日本睡眠教育機構が認定する睡眠健康指導士は、睡眠学を通して正しい睡眠の知識を多くの人に広めて健康を増進させることを目的とした資格です。認定資格は初級と上級があり、上級を取得すると科学的根拠に基づいて睡眠に関する集会や企画を運営し講師として活躍するまでのレベルが必要です。受験資格はありませんが、資格取得には2/3以上の出席率や60~80%以上の正答率が必要とされるので、自分のペースで学びたい人は通信講座の方が始めやすいかもしれません。

4位 CSAスリープケアインストラクター

一般社団法人・日本快眠協会が認定するCSAスリープケアインストラクターは、“眠り”に携わる仕事に従事している人や、身近な人の快眠をサポートしたい人に向けた資格です。眠りに関わる仕事は、看護師や介護士・助産師などの医療関係に留まらず、睡眠のお供である寝具量販店やスポーツトレーナーなど幅広い業界の人に役に立つ知識を学ぶことができます。あらゆる分野でリラクゼーションと眠りの関係を活かしたい人は、ぜひ質の良い睡眠を多方面で活かす能力がつくCSAスリープケアインストラクターを目指しましょう。

5位 CSAスリープケアセラピスト

CSAスリープケアセラピストは、良い眠りに欠かせないリラクゼーションの技術を習得する資格です。快眠に導くマッサージなどのテクニック以外にも、美容や大切な方とのスキンシップに至るまで幅広い目的に使えるリラクゼーションスキルを身に着けることができます。リラクゼーションに使用されるアロマグッズの作成も学べるので、将来的にエステやリラクゼーションスポットを運営したい人が持っておきたい必要な知識も備わります。
快眠  睡眠

関連記事

通信教育ランキング

人気通信講座の記事

  1. 日本茶
    現在の日本人の食文化は非常に多様になっており、和食以外でも日常的に洋食や中華料理を食べます。 …
  2. 日本茶
    お茶の習慣は世界中に存在します。 お茶を楽しむということは生活にある程度の余裕がないと出来ない…
  3. 幼児食
    生まれたばかりの子供は当然、普通の食事を食べることが出来ません。お母さんの母乳を飲ませるか赤ちゃん用…
  4. 食育
    国家資格の1つに【栄養士】の資格があります。 日本には【栄養士法】という法律が定められており、…
  5. ビーズアクセサリー
    ハマるとクセになる細かい作業、ついつい時間を忘れて手作りに勤しむ方も少なくないのではないでしょうか。…
  6. カラーセラピー
    皆さんは数ある色の中で何色がお好きですか?!私たちは常に色から沢山の情報を得て生活しています。色の持…
  7. cad
    皆さんはCAD(キャド)という言葉を耳にしたことがありますか?!直訳するとコンピューター支援設計と言…
  8. 建築模型住宅模型
    手先が器用だったり細かい作業が大好きな人、そんな特技や楽しみを仕事に繋がる資格の取得に変えてみません…
  9. 空間
    私たちが何気なく足を運ぶ公共・商業施設には、時に目を奪われたり心がワクワクしたり、と空間が醸し出す雰…
  10. インテリアデザイナー
    オシャレで素敵な空間をこよなく愛する人は、特にインテリアに関してとても敏感です。家の内装や家具を物色…

通信講座ランキング

ページ上部へ戻る