実践建築模型認定試験の詳細や口コミ評判などをまとめてみました!

建築模型住宅模型

実践建築模型認定試験ではどんなスキルが獲得できるの?

実践建築模型認定試験とは、建物の平面図をもとに縮小率で作られたミニチュアである建築模型を使って、設計者の意に沿ったプレゼンテーションを行えるスキルを認定する試験です。
このスキルは建築関連の企業や技術者などに対し建築模型というツールを使って、分かりやすくプレゼンテーションを行うことで、ビジネスをより良い円滑なものにするための大切なスキルとなっています。

そのために建築模型に関する基本的な知識から建築模型の製作技術まで幅広いジャンルを学んでいくやりがいのある資格です。資格を得た後は、建築関係で現場に立って働くのはもちろん、カルチャースクールなどで講師として活躍するなど、さまざまな資格の活かし方を選ぶことができますよ。
建築模型に興味がある人や、建築模型を使ったより良いプレゼンテーションを学びたい人にぴったりの資格ですね。
建築模型資格の建築模型認定試験

実践建築模型認定試験の詳細と口コミ&評判!

ここからは実践建築模型認定試験の開催期間や、試験の内容・難易度などの詳細を、口コミや評判も取り入れてご紹介していきます。

実践建築模型認定試験の主催協会と試験開催期間

実践建築模型認定試験は、日本デザインプランナー協会(JDP)が認定試験を行っており、基本的に2か月毎に試験が開催されているようです。

実践建築模型認定試験について

実践建築模型認定試験は筆記試験で、在宅受験の形をとっています。つまり受験場所は自宅となり、受験場所へのアクセス方法を調べたり、交通費の負担を考える必要がないので気軽に受けることができます。

受験級は2級と1級の2つがあり、自分の実力と見合わせて試験を受けることができます。
2級は建築模型の製作・技術能力を、1級では建築模型の製作・技術能力にプラスして、建築模型の製作者としてのスキルや実践力を問われます。
受験料は、両級ともに10000円(税込)で、受験の申し込みはインターネットからすることができます。

実践建築模型認定試験の合格基準・難易度についての口コミ&評判

実践建築模型認定試験の合格ラインは70%以上の評価となっています。
これは多くの資格の合格ラインと同じで、努力を重ねれば無理なく取れる資格となっています。

実践建築模型認定試験の勉強方法は独学と、資格講座を取るという方法があります。
口コミや評判で人気の高い実践建築模型認定試験用の資格講座は

諒設計アーキテクトラーニングの「建築模型・住宅模型デザインコース」。

こちらの講座では「実践建築模型認定試験1級・2級」と、「建築模型技工士マスター」の3つの資格獲得を目指すことができます。 ですから3つの資格の勉強が効率良くできます。

さらにお互いの資格が建築模型に関連する資格なので、建築模型の起業やビジネスチャンスを考えている人には関連資格が増えれば増えるほど心強い味方になってくれますよね。
建築模型  住宅模型

関連記事

通信教育ランキング

人気通信講座の記事

  1. 日本茶
    現在の日本人の食文化は非常に多様になっており、和食以外でも日常的に洋食や中華料理を食べます。…
  2. 日本茶
    お茶の習慣は世界中に存在します。お茶を楽しむということは生活にある程度の余裕がないと出来ない…
  3. 幼児食
    生まれたばかりの子供は当然、普通の食事を食べることが出来ません。お母さんの母乳を飲ませるか赤ちゃん用…
  4. 食育
    国家資格の1つに【栄養士】の資格があります。日本には【栄養士法】という法律が定められており、…
  5. ビーズアクセサリー
    ハマるとクセになる細かい作業、ついつい時間を忘れて手作りに勤しむ方も少なくないのではないでしょうか。…
  6. カラーセラピー
    皆さんは数ある色の中で何色がお好きですか?!私たちは常に色から沢山の情報を得て生活しています。色の持…
  7. cad
    皆さんはCAD(キャド)という言葉を耳にしたことがありますか?!直訳するとコンピューター支援設計と言…
  8. 建築模型住宅模型
    手先が器用だったり細かい作業が大好きな人、そんな特技や楽しみを仕事に繋がる資格の取得に変えてみません…
  9. 空間
    私たちが何気なく足を運ぶ公共・商業施設には、時に目を奪われたり心がワクワクしたり、と空間が醸し出す雰…
  10. インテリアデザイナー
    オシャレで素敵な空間をこよなく愛する人は、特にインテリアに関してとても敏感です。家の内装や家具を物色…

通信講座ランキング

ページ上部へ戻る