日本料理インストラクター口コミ評判

和食

日本インストラクター協会の資格

現在の日本には数多くの資格が溢れています。その内容は、芸術、音楽、調理など様々です。こういった内容の資格は、多くの通信講座や資格試験で目をすることが多くあります。しかし「この資格は何のためにあるのだろうか」とか「果たして実用的なのか」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。現在の日本には約1000以上にも及ぶ資格があると言われています。その中には実用的ではない資格が多数含まれていることも確かです。現代社会でどれほど役に立つのかを知らないまま、資格の名前に惹かれて取得したは良いものの、後になってから役に立たないことがわかり、後悔したことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。資格の取得にはお金も時間もかかります。本当に役立つものを吟味した上で取得したいものですよね。

日本インストラクター協会が取り扱う資格は、現実的で実社会で活用できるものばかりです。特に「教育に重点をおいた資格」が多く取り上げられています。ここ数年で、あらゆる業界における教育の質が懸念されています。それは学校などの教育現場だけでなく、企業などにも当てはまります。この協会で扱う資格を取得して、確かな教育スキルを身に付けてみませんか。以下では、日本インストラクター協会が扱う資格のうち、日本料理インストラクターをピックアップして紹介します。

日本料理インストラクターとは

日本料理と聞くと、和食というイメージが強いため世界にはあまり普及していないと思う方もいらっしゃるかもしれません。他の料理への応用は効かないのではないかと思う方が多くいらっしゃることもまた事実です。しかし決してそのようなことはない、というのが現在の日本料理の特徴です。日本料理は世界中で注目を集めている料理の1つなのです。だしはうまみの概念として広まっており、西洋の食材にもこの概念が適応されつつあります。盛り付けの技術は今やフレンチやイタリアンでも採用されるほどになってきています。今では日本料理の技術はあらゆる料理に応用できる技術となりつつあります。

このように、世界中で通用するようになりつつある日本料理ですが、日本料理インストラクターは日本料理に関する知識や技術を有していることを証明するための試験です。具体的には、だしや日本料理に用いられる調理器具、調理技法などが挙げられます。日本料理の調理技法は非常に独特で、他のどんな料理の技法とも似ていません。包丁を取り上げても、和包丁と一口に言っても様々ですし、食材によって使い分ける必要もあります。調理器具に関する知識だけでも覚えることがかなり多いのです。その一方で、食材の切り方にも特徴がたくさんあるため、調理器具と食材の扱い方を掛け合わせると調理技法は莫大な量になります。こういった基礎的な知識がないと他の人に教えるのはなかなか困難ですが、この資格を取得しておけばよりわかりやすい指導を施すことができるはずです。飲食店やその他の施設の厨房での業務をお考えの方は、これを機会にぜひ取得しておきましょう。この資格は在宅受験が可能ですので、気軽に挑戦できることも特徴の1つです。

和食資格講座  和食資格講座

関連記事

通信教育ランキング

人気通信講座の記事

  1. 日本茶
    現在の日本人の食文化は非常に多様になっており、和食以外でも日常的に洋食や中華料理を食べます。…
  2. 日本茶
    お茶の習慣は世界中に存在します。お茶を楽しむということは生活にある程度の余裕がないと出来ない…
  3. 幼児食
    生まれたばかりの子供は当然、普通の食事を食べることが出来ません。お母さんの母乳を飲ませるか赤ちゃん用…
  4. 食育
    国家資格の1つに【栄養士】の資格があります。日本には【栄養士法】という法律が定められており、…
  5. ビーズアクセサリー
    ハマるとクセになる細かい作業、ついつい時間を忘れて手作りに勤しむ方も少なくないのではないでしょうか。…
  6. カラーセラピー
    皆さんは数ある色の中で何色がお好きですか?!私たちは常に色から沢山の情報を得て生活しています。色の持…
  7. cad
    皆さんはCAD(キャド)という言葉を耳にしたことがありますか?!直訳するとコンピューター支援設計と言…
  8. 建築模型住宅模型
    手先が器用だったり細かい作業が大好きな人、そんな特技や楽しみを仕事に繋がる資格の取得に変えてみません…
  9. 空間
    私たちが何気なく足を運ぶ公共・商業施設には、時に目を奪われたり心がワクワクしたり、と空間が醸し出す雰…
  10. インテリアデザイナー
    オシャレで素敵な空間をこよなく愛する人は、特にインテリアに関してとても敏感です。家の内装や家具を物色…

通信講座ランキング

ページ上部へ戻る