漢方コーディネーター認定試験の詳細と口コミ評判についてまとめ

漢方薬膳

漢方コーディネーター認定試験っていったいどんなものなの?

漢方コーディネーター認定試験とは、さまざまな食品・料理に関するスキル・技術の認定を行っている日本安全食料料理協会(JSFCA)が開催している資格試験のひとつです。

漢方とは中国から伝わった医学のことで、病気に対する症状や痛みを取り除いたり緩和する効果があるとされる化学的な治療薬を提案する西洋医学とは異なり、漢方医学は気や血の巡りなどの観点から体を診て足りていないものを補ったりその人の体質に合う薬を与えるなどをして体が健康を維持できるよう、根本的な治療を目指していきます。

漢方には頭痛には絶対この薬!という固定のスタイルはなく、同じ頭痛の症状を訴える人でも体質によって調合するべき薬が変わるんです。ですから患者さんの話をよく聞いてお互いがコミュニケーション取ることが何よりも重要になってきます。またエコーやレントゲンなどの機械を頼りにするのではなく触診や聞診などで直に患者さんの体を診てからオーダーメイドで調合する漢方医学は、いわば個人をきちんと捉えるという医療の原点に返った治療方法であり、科学技術が進んだ現代でまた見直されてきた学問なのです。

そんな漢方医学を学べるのがこちらの漢方コーディネーター認定試験。ただ学ぶだけではなくスクール講師として活動できたり、漢方に関連した企業やサービスで人々に対して漢方のコーディネートを行ったりとビジネスにも活かせるというのが大きな特徴になっています。

漢方コーディネーター認定試験についての詳細と口コミ&評判!

ここからは漢方コーディネーター認定試験についての概要や合格基準、おすすめの資格講座などについて口コミや評判も交えてご紹介していきます。漢方コーディネーター認定試験に興味を持っている方や、受験を考えている方は特に必見ですよ!

・漢方コーディネーター認定試験の概要
漢方コーディネーター認定試験は女性に人気の資格となっており、健康・美容維持を目的としている方や、家族が漢方治療を行っており自分も詳しく知りたい方などに支持を得ているようです。そんな漢方コーディネーター認定試験は受験資格が特に定められておらず誰でも気軽に受験ができます。ちなみに受験料は税込み10000円で、申し込みはインターネットから行うことになっています。

・漢方コーディネーター認定試験の合格基準とおすすめの資格講座
漢方コーディネーター認定試験の合格基準は「70%以上の評価」となっています。問われる内容としては、漢方医学を行うために必要な気・血・水や五臓六腑などの体に関する知識や、漢方薬の特徴・使い方などを問われるでしょう。書店などで関連本を購入し独学で学ぶのも良い勉強方法だと思いますが、プロの監修・指導のもと学びたい人や、資格取得後本格的にビジネス活動をしていきたい人は資格講座で学ぶことをおすすめします。

SARAスクールの「漢方薬膳」コースでは、今回ご紹介している漢方コーディネーターの資格と、もうひとつ同協会で認定を行っている薬膳調整師の2つの資格取得を目指すことができます。

日本安全食料料理協会について

現在の日本にはたくさんの資格が溢れていますが、その分野はビジネスからアートまで多岐に渡ります。その総数は1000以上にも及びます。「資格を取得したいのだけど、どのような資格を取得すれば良いかわからない…」という方もいらっしゃることかと思います。そういった方は、まずは身近な分野に関する資格の取得を検討してはいかかでしょうか。日本安全食料料理協会は、その名の通り食材や調理に関する資格認定試験を多く扱っています。日頃関わることが多い食品分野ですので、資格の種類で迷っている方も取り掛かりやすいのではないでしょうか。

日本安全食料料理協会では、食品や料理に関する技術、知識が一定の水準を上回っているかどうかを審査する試験が多く扱われています。現在の日本では、食に対する意識が高まりつつあります。カロリーや栄養価に対してだけでなく、安全性に対する意識も高まる様子を見せていますよね。食品添加物の不使用や、オーガニック食材を強く謳う商品の増加がそれを示していると言えるでしょう。このような風潮は飲食店にも影響を与えています。この協会で取り上げられている資格を有していれば、飲食店への就職、もしくは飲食店経営に大いに役立つでしょう。以下では、その中でも特におすすめの資格をいくつかピックアップして紹介いたします。

漢方コーディネーターとは

漢方・漢方薬に対する基本的な知識、漢方独自の診断方法や養生などへの理解が一定以上あると認められた人に対して認定される資格が漢方コーディネーターです。最近の日本では、より人体に優しいモノを摂取しようという動きが活発になってきています。西洋医学に東洋医学の概念が取り込まれているような場面も時々見受けられますよね。以前まで両者は相反するものとして捉えられていましたが、そうした風潮も薄れつつあり、漢方の効用も認められてきています。漢方は東洋医学で多く用いられるものであるため、漢方コーディネーターでもそういった知識が要求されます。たとえば、基礎知識として気・血・水や四季についての知識を身に付ける必要があります。このような知識があって初めて、適切な漢方の使用方法がわかるのではないでしょうか。また、その由来や歴史について学ぶ事で、漢方薬の効能や使用方法がより一層わかりやすくなることでしょう。最近の日本ではストレス性の疾患が増加傾向にあります。漢方薬はこういった疾患によく用いられますので、現代社会で非常に役立つ資格の1つということができるかもしれませんね。薬膳料理などを通して、日常的に漢方を摂取するように心がけることができれば、日頃感じるストレスや精神的疲労を軽減することができるかもしれません。自分自身がストレスに悩まされているという方はもちろん、ご家族や知人などがそういったものに悩まされているという方にもおすすめの資格の1つです。漢方コーディネーターの資格は在宅受験が可能です。試験会場の雰囲気が苦手であったり、日常のお仕事や家事がお忙しいという方でも気軽に受験が可能ですので、挑戦してみてはいかがでしょうか。漢方を取り入れて、心身ともに健康な生活を送ってはいかがでしょうか。

漢方・薬膳  漢方・薬膳

関連記事

通信教育ランキング

人気通信講座の記事

  1. 日本茶
    お茶の習慣は世界中に存在します。 お茶を楽しむということは生活にある程度の余裕がないと出来ない…
  2. 幼児食
    生まれたばかりの子供は当然、普通の食事を食べることが出来ません。お母さんの母乳を飲ませるか赤ちゃん用…
  3. 食育
    国家資格の1つに【栄養士】の資格があります。 日本には【栄養士法】という法律が定められており、…
  4. ビーズアクセサリー
    ハマるとクセになる細かい作業、ついつい時間を忘れて手作りに勤しむ方も少なくないのではないでしょうか。…
  5. カラーセラピー
    皆さんは数ある色の中で何色がお好きですか?!私たちは常に色から沢山の情報を得て生活しています。色の持…
  6. 建築模型住宅模型
    手先が器用だったり細かい作業が大好きな人、そんな特技や楽しみを仕事に繋がる資格の取得に変えてみません…
  7. 空間
    私たちが何気なく足を運ぶ公共・商業施設には、時に目を奪われたり心がワクワクしたり、と空間が醸し出す雰…
  8. インテリアデザイナー
    オシャレで素敵な空間をこよなく愛する人は、特にインテリアに関してとても敏感です。家の内装や家具を物色…
  9. レジンアクセサリー
    透明な樹脂のなかに好きなアクセサリーや小物などを入れて自分のオリジナルのアクセサリが作れるとして女性…
  10. デッサン
    あらゆるアートの原点、それがデッサンです。どんな前衛的なアーティストであっても美術の基礎とも言えるデ…

通信講座ランキング

ページ上部へ戻る