美快眠セラピストの詳細と口コミ評判についてまとめてみました!

睡眠快眠

美快眠セラピストって一体どんなものなの?

美快眠セラピストとは心のケアをメインにした技術・スキルの認定を行う日本アロマメディカル心理セラピー協会が行っている資格試験のひとつです。

睡眠はわたしたちの生活においてなくてはならない重要な要素。人生の3分の1を睡眠に費やしているともいわれています。そんな睡眠の質にこだわるのは、人生をどうやって楽しんで過ごしていくのかと同じくらい大切な問題。睡眠の質が悪いと、いくら眠っても疲れがとれない・すっきりとしない・体調のバランスが悪いなどというように起きている間の心身にも影響が及ぼされてしまいます。また肌のキメが荒くなってしまったり、老けて見えるようになってしまうなどの外面でも睡眠の質の表れが出てしまうので、美容に気を遣っている方にとっては悲鳴を上げたくなってしまうような結果になってしまいます。

そこで睡眠の質を改善し、健康維持・美容促進に効果のある睡眠方法や快適な睡眠に誘うストレスフリーの心やリラックス状態にするためのノウハウを身につけ、より良い睡眠知識を人々に伝授するプロのことを美快眠セラピストといいます。

美快眠セラピストについての詳細と口コミ&評判!

ここからは美快眠セラピストについての概要や合格基準、おすすめの資格講座について口コミや評判も交えてご紹介していきます。美快眠セラピストについて興味を持っている方や、試験を受けようと考えている方は特に必見ですよ!
睡眠資格の美快眠セラピスト
・美快眠セラピストについての概要
美快眠セラピストは、女性に人気の資格のひとつ。資格取得後は美快眠セラピストとして独立したり、さまざまな睡眠に関するサービスを行う企業からの依頼・セミナーや講話などの依頼を受けるスタイルで活動を行う人もいるようです。またここ近年、快適な眠りができるようにオーダーメードの枕やマットレスを販売するビジネススタイルが人気になりつつあります。そこで求められるのが睡眠の質を高めるための知識。身につけるとお客様のためになるより良いサービス・接客が行えるのでスタッフとしてのスキルアップを目的に取得する人も多くなっているようです。

そんな美快眠セラピストの資格認定試験の大きな特徴は「在宅受験」ができること。お家で好きな時間に受験をすることができるので仕事帰りや、プライベートの時間などを使って気軽に試験を受けることが可能な人気の受験スタイルとなっています。

・美快眠セラピストの合格基準とおすすめの資格講座
美快眠セラピストの合格基準は「70%以上の評価」となっています。問われる内容としては睡眠の原理や睡眠障害への理解などを求められるようです。このように睡眠に関する基礎的な知識が問われるようですが、一口に睡眠といってもジャンルは広く、どこから手をつければ良いのか迷ってしまうことも。そこでおすすめしたいのが資格講座を受講する勉強方法。女性専用の資格講座SARAスクールの「安眠コース」では、今回ご紹介している美快眠セラピストと共に、日本インストラクター協会が認定を行っている安眠インストラクターの資格取得も目指すことができる
快眠  睡眠

関連記事

通信教育ランキング

人気通信講座の記事

  1. 日本茶
    現在の日本人の食文化は非常に多様になっており、和食以外でも日常的に洋食や中華料理を食べます。…
  2. 日本茶
    お茶の習慣は世界中に存在します。お茶を楽しむということは生活にある程度の余裕がないと出来ない…
  3. 幼児食
    生まれたばかりの子供は当然、普通の食事を食べることが出来ません。お母さんの母乳を飲ませるか赤ちゃん用…
  4. 食育
    国家資格の1つに【栄養士】の資格があります。日本には【栄養士法】という法律が定められており、…
  5. ビーズアクセサリー
    ハマるとクセになる細かい作業、ついつい時間を忘れて手作りに勤しむ方も少なくないのではないでしょうか。…
  6. カラーセラピー
    皆さんは数ある色の中で何色がお好きですか?!私たちは常に色から沢山の情報を得て生活しています。色の持…
  7. cad
    皆さんはCAD(キャド)という言葉を耳にしたことがありますか?!直訳するとコンピューター支援設計と言…
  8. 建築模型住宅模型
    手先が器用だったり細かい作業が大好きな人、そんな特技や楽しみを仕事に繋がる資格の取得に変えてみません…
  9. 空間
    私たちが何気なく足を運ぶ公共・商業施設には、時に目を奪われたり心がワクワクしたり、と空間が醸し出す雰…
  10. インテリアデザイナー
    オシャレで素敵な空間をこよなく愛する人は、特にインテリアに関してとても敏感です。家の内装や家具を物色…

通信講座ランキング

ページ上部へ戻る