ガーデニング園芸資格ランキング

gardening3

見る人の心に感動や興奮・安らぎなどあらゆる感情を届けてくれる園芸という自然アートの世界は、自然の力と匠の技が合わさった時にひとつの芸術が生まれる奥深さが多くの人の心を掴んで離しません。ここではそんな園芸のプロとして活躍できる資格をご紹介します。

1位 ガーデニングアドバイザー

幅広いガーデニングの知識を身に着けることができる日本生活環境支援協会認定のガーデニングアドバイザーは、ご家庭でガーデニングを楽しみたい方から趣味を越えたスキルを身に着けたい方までが受けれるオールマイティーな資格です。ガーデニングの基礎知識だけではなく、花木の植栽プランやガーデンの設計・施行・管理の方法までもをも学ぶことができ、資格取得後は身に着けた知識と技術をベースに講師として活動することもできるようなるので、楽しみを仕事に変えることができる資格でもあります。

2位 園芸インストラクター

日本インストラクター協会が認定する園芸インストラクターは、多種多様な場面に映えるガーデニングを創造できる人材を育成させる資格です。ガーデニングをベースから作り上げるガーデン図面の製図方法も学べるので、オリジナリティ溢れる園芸を自らの手で作り上げたい人におすすめの資格です。

3位 園芸装飾技能士

園芸装飾技能士は、観葉植物を使って室内装飾を手がけ維持管理ができる能力を有する人に与えられる国家資格です。検定は1~3級までに分かれており、受験資格を得るためには実務経験や園芸関連の教育機関を卒業しているなどの条件が必要です。現在園芸の仕事に従事されているプロの方がスキルアップのために取っておきたい資格です。

4位 ガーデンコーディネーター

日本園芸協会認定のガーデンコーディネーターは、資格取得後も幅広い分野で活躍できる知識を身に着けることができます。将来的にフラワーショップの開業や園芸教室のオープンを目指している方は、こちらの資格を通じて仕事を請け負う際の営業方法や学校の運営方法のノウハウもテキストを使って学ぶことができます。

また、ガーデンコーディネーターには欠かせないデザイン画の描き方を習得できるため、プロとして活躍するためには欠かせない基礎的なスキルも養うことができます。

5位 グリーンアドバイザー

公益社団法人・日本家庭園芸普及協会が認定するグリーンアドバイザーは、身近な植物を取り扱う知識とスキルで社会貢献できる人材を育成する資格です。ここ近年、ガーデニングを趣味にする人が増え続けていますが、植物の正しい取り扱い方を知っている人はそう多くはありません。生活する人の立場に立って適切なアドバイスをすることができるのがグリーンアドバイザーなのです。

こちらも受験資格があり、園芸に関する実務経験と教育機関の卒業生に加えて、グリーンアドバイザーならではの“地域活動に植物を通して貢献したい意思がある人”という条件を満たしていなければいけません。「地球と人のために何かしたい!」という考えを持っている人は、ぜひ植物を通して多くの人と関わり生活環境、そして社会を変えていきませんか?!
ガーデニング  ガーデニング

関連記事

通信教育ランキング

人気通信講座の記事

  1. 日本茶
    現在の日本人の食文化は非常に多様になっており、和食以外でも日常的に洋食や中華料理を食べます。 …
  2. 日本茶
    お茶の習慣は世界中に存在します。 お茶を楽しむということは生活にある程度の余裕がないと出来ない…
  3. 幼児食
    生まれたばかりの子供は当然、普通の食事を食べることが出来ません。お母さんの母乳を飲ませるか赤ちゃん用…
  4. 食育
    国家資格の1つに【栄養士】の資格があります。 日本には【栄養士法】という法律が定められており、…
  5. ビーズアクセサリー
    ハマるとクセになる細かい作業、ついつい時間を忘れて手作りに勤しむ方も少なくないのではないでしょうか。…
  6. カラーセラピー
    皆さんは数ある色の中で何色がお好きですか?!私たちは常に色から沢山の情報を得て生活しています。色の持…
  7. cad
    皆さんはCAD(キャド)という言葉を耳にしたことがありますか?!直訳するとコンピューター支援設計と言…
  8. 建築模型住宅模型
    手先が器用だったり細かい作業が大好きな人、そんな特技や楽しみを仕事に繋がる資格の取得に変えてみません…
  9. 空間
    私たちが何気なく足を運ぶ公共・商業施設には、時に目を奪われたり心がワクワクしたり、と空間が醸し出す雰…
  10. インテリアデザイナー
    オシャレで素敵な空間をこよなく愛する人は、特にインテリアに関してとても敏感です。家の内装や家具を物色…

通信講座ランキング

ページ上部へ戻る